一般財団法人
日本水産油脂協会

日本水産油脂協会とは
これまでのあゆみ
事業内容
情報公開
賛助員について
アクセス
講演会
資源講演会
技術懇話会
共催講演会
トピックス
知っておきたい基礎知識
刊行物
関係機関
HOME

技術懇話会

<以下の懇話会を開催いたしました。懇話会記録を作成中です。>

第32回水産油脂技術懇話会

日 時: 平成30年11月15日(木)
講演会・意見交換会15:30〜16:50  懇親会17:00〜18:00
場 所: 日本水産油脂協会 3F会議室
演 題:

「魚油の酸化と抗酸化」

講 師:

国立大学法人北海道大学大学院 水産科学研究院 生物資源化学分野

教授 宮下 和夫 先生

概 要:

多くの研究者や企業の開発担当者の努力により、植物油の酸化機構に関しては詳細な検討がなされ、酸化防止に関する効果的な技術も開発されている。 しかし、EPAやDHAを多く含む魚油については、その酸化の特徴も含め、効果的な酸化劣化防止法は見出されていない。 そこで、本講演では、魚油の酸化の特徴と効果的な酸化防止法について述べる。

・【北海道大学大学院】 宮下和夫 教授

・アメリカ油化学会Kaufman Memorial Lecture Awardを受賞されました。

   

これまでの開催リストはこちら



<以下の懇話会を開催いたしました。懇話会記録を販売中です。>

第31回水産油脂技術懇話会

日 時: 平成30年6月22日(金)
講演会15:30〜17:00  懇親会17:00〜18:00
場 所: 日本水産油脂協会 3F会議室
演 題:

「食品セラミド素材の消化・吸収と機能性」

講 師:

国立大学法人京都大学大学院 農学研究科 海洋生物生産利用学分野

教授 菅原 達也 先生

概 要:

セラミド骨格を有するスフィンゴ脂質は、食品セラミド素材として機能性が注目されている。 そこで消化吸収の機構を含めた作用機構の解明を目指している。 また、水産物に含まれる特殊な構造のスフィンゴ脂質(セラミドアミノエチルホスホン酸など)についても、その評価を進めている。

【海洋生物生産利用学分野】 海洋生物資源の機能分子を探索する

懇話会の様子   懇話会の様子